SSDTの技術

成形技術
金属成形技術

冷抜き金型技術

SSDTは大型自動車カバー金型の設計、製造及び軽量化金型の設計製造能力、デジタル化、自動化の金型開発製造プロセスを備えています。外装カバーの特徴的な稜線金型技術、新エネルギー車バッテリーボックスの金型開発技術、ハイエンド車種の側面囲みプレス技術などの金型開発の核心技術を把握しました。

金属成形技術

冷抜き金型設計

SSDTは現代の高技術の自動車金型と自動車の大型カバーの設計と製造能力、大型複雑な斜くさび機構、回転機構、金型標準端のファーストパラメータ設計能力を備えています。アルミサイドプレス金型の設計と製造技術、金型構造パラメータ設計技術、デジタル化金型の設計と開発などの金型設計の核心技術を把握しました。

金属成形技術

冷抜き金型加工

SSDTは製品の品質を保証する前提で金型開発サイクルを短縮し、設計と製造コストを低減する能力を備えており、金型の知能製造を実現し、標準化された金型開発製造プロセスを確立しています。レーザー焼入れ技術、高速自動化加工技術、金型インサート単品加工技術などの金型製造の核心技術を習得しました。

金属成形技術

ホットプレス成形

SSDTは、ホウ素鋼、変形可能なアルミニウム合金のプロセス生産とプロセス制御能力を備え、ホウ素鋼の熱成形部品の種類は、等の厚さ板、TRB板、TWB板、PATCH板、ソフトゾーンなどを含む。アルミニウム合金の種類は7 xxx系、6 xxx系を含んでいます。そのうち、7075門内板との熱成形プロセスは研究開発中です。

金属成形技術

熱成形シミュレーション

SSDTは、ホウ鋼の熱成形、変形可能なアルミニウム合金の熱成形のシミュレーション、熱伝達シミュレーション能力を備えており、部品の成形性と金型状態を正確に予測し、CAEシミュレーション分析材料庫と熱成形プロセス&CAE企業規格を確立し、金型冷却システムの優れた設計能力を備え、部品の最終的な性能とサイズを確保する。

金属成形技術

熱成形設計

SSDTは従来の熱成形金型、PCH構造金型、軟区金型加熱システム機構の設計開発能力を備えており、熱成形標準部品庫と標準フレーム倉庫を創立しました。

金属成形技術

熱成形加工

SSDTは大型金型の高速加工、プログラミング能力を備えています。熱成型金型の嵌入ブロックの冷却水路加工能力を備えています。

接続技術
接続技術

溶接と塗布

SSDTは、板金類鋼製&アルミニウム製部品の点溶接、凸溶接、螺柱溶接、鋼溶融極ガス保護溶接、レーザー溶接、攪拌摩擦溶接などの溶接技術開発能力を備えています。SPRリベット、SPS自己穿刺ねじリベット、Clinchリベット及びロボット自動接着などの接続プロセス開発能力を備えています。

治具集積とサービス技術
治具集積とサービス技術

検査治具

生産ライン統合

私達は最も優秀なツール生産ラインの開発チームを備えています。お客様のために独自の近代化、知能化、低コスト、高効率な生産製造設備を作っています。

Scroll to Top