セイコーについて

上海賽科利自動車金型技術応用有限公司(以下、「上海賽科利」という)は2004年に設立され、上海汽車集団株式有限公司の所属する華域自動車システム株式有限公司に属しています。会社の総投資額は2億ドルで、現在は上海金橋、奉賢、南京、武漢、煙台、寧徳六大生産基地があり、賽科利(メキシコ)会社を設立しました。従業員は1800人余りです。

会社は一貫して「誠実と信用で責任を持って、正確さを求めて、革新的に駆動して、卓越を追求する」という価値観を持ち、「国際一流企業を建設し、百年の基礎を作り、中国の智造魅力を高める」を使命として、「材料成型と合成技術に専念し、革新的な統合解決案を提供し、国際競争力のある現代サービス型の知造企業になる」を目指して努力しています。「技術ビジョン化」をリーダーとして、「顧客多元化」を導き、「市場国際化」を目標として、「インテリジェント連携化」をベースとした四つの発展戦略を形成しました。

卓越した技術で市場を開拓する。

会社は中国の知造の魅力を高めることを使命として、お客様のニーズに焦点を合わせて、常に技術革新をエンジンにして、同時開発を切り込み点にして、ハイエンド成型技術に焦点を合わせて、自動車外カバー金型技術の核心能力から熱成形部品及び金型開発技術まで、軽量化車体連結及び車体部品開発技術から新エネルギー車電池ケース開発技術まで、形成しています。デジタル化、自動化、インテリジェント化の技術開発と管理能力を持っています。

卓越した品質ツリーブランド

会社は「卓越した品質ツリーブランド」の理念を受けて、全面的に、システムは卓越したパフォーマンスコントロールモードを推進し、IATF 16949、ISO 14001、ISO 45001、VDA 6.4、ISO/IEC 1725、TISAXなどの体系認証を通過しました。国家実験室認証を取得する。「上海市品質金賞」、「上海市品質模範企業」、「上海市高新技術企業」、「中国重点基幹金型企業」及び「世界最高雇用者」などの栄誉称号を獲得し、社会的認可と国内外の有名なお客様の信頼と称賛を得ました。

卓越した文化を育む人材

会社は職人文化の建設を推し進め、「厳格、一心不乱、精確、革新」という職人精神をはぐくんで、「私は職人心を作り、究極の職人品を求め、事業発展に職人を残し、職人魂を守る責任を持つ」という職人育成メカニズムを確立しました。

企業ビジョン

材料の成型と合成技術に専念し、お客様に革新的な統合ソリューションを提供して、国際競争力のある現代サービス型のインテリジェント製造企業になります。

新四化戦略

技術の展望

「技術ビジョン化」をリーダーとして、備えています。業界トップの技術開発と応用力

お客様の多様性

「顧客多元化」を導きとし、積極的に拡大する。新分野市場顧客グループ

市場の国際化

「市場の国際化」を目標に、高品質の顧客層を拡大し、国際的な運営能力を構築する。

インテリジェント化

「インテリジェント連携化」を頼りに、各業務チェーンの効率を向上させます。正確である運営能力

使命

国際一流企業を建設して、百年の基礎産業を作ります。
中国の知造の魅力を高める。

価値観

誠実と信用は責任を持っています。
革新駆動、卓越を追求する

Scroll to Top